夢を喰う(くらう) THE WRESTLER

movie info

 

レスリングは両肩が1秒でもマットにつくと試合が終わる「一瞬」で全てが決まる勝負の世界である。

1984年、ロサンゼルス五輪で金メダリストになったレスラー富山英明は、現役引退後、中学時代から書き溜めた日記をもとに自叙伝『夢を喰う』でその半生を綴った。それは夢を叶えるまでの単なるサクセスストーリーではなく、予期せぬ「まさか」に翻弄されながらも、夢を喰った人間の孤独な問いであった。

それから40年後の『夢を喰う』を描く本作は、2015年に制作が開始され、8年もの制作期間を経て完成した。

アスリートはある時に引退を迎えるが、富山がレスリングを見つめる「目」はずっと変わらない。夢を喰らってしまい、生涯レスラーとして生きる宿命を背負っている目である。

富山は「一瞬」で全てが決まる勝負の世界に身を置きながら、一瞬で決まる「勝負」だけに捉われない。“負けることを許されない宿命を背負った者の苦悩”と、“どんなに望んでも勝てない者の苦悩”を等価に理解する度量が、時に鋭く時にやさしい、喜怒哀楽に溢れた表情に表れている。そんな富山の生き様を見つめてゆくと、ある問いが浮かびあがってくる。

「人は人生に何を求め、何を遺そうとしているのか。」

普遍的ではあるが、一途に問い続けたその先に何が見えてくるのか。

まさに本作は、あれから40年後の孤独な問いを描いている。

 

監督・撮影 藤森圭太郎
出演 富山英明
原案 『夢を喰う』富山英明著(1984年12月6日/郁朋社)
作品データ 2023年/日本/75分/16:9
配給 MUGENUP

 

上映期間 7/6(土)~7/19(金)
上映時間 12:00
当日料金 一般:1,800円/大学・高校:1,500円/シニア:1,200円/障がい者:1,000円
特別鑑賞券 1,400円 7/5(金)まで販売 ※WEB予約ではご利用いただけません。
備考 【上映時間変更】7/13(土)~ 10:00
pagetop