われ弱ければ 矢嶋楫子伝

movie info

ⓒ現代ぷろだくしょん

使命とは、命を使うことです。
自分の命は、自分で使うのです。

1833年、洗濯のたらいも男女を分けるなど、極端な男尊女卑の社会の中、現在の熊本県に生まれた矢嶋楫子(やじま かじこ)は、25歳の時に結婚をした武士の夫の、度重なる家族への乱暴に身の危険を感じ、末の子を連れて家を出る。その後、上京して小学校の教員になった楫子は、女子学院の院長を経て、一夫一婦制、婦人参政権、禁酒、廃娼運動など、多くの活動に関わり、90歳の時にはアメリカで世界平和を強く訴えた。

天保時代に生まれ、明治・大正という、女性が一人の人間として尊重されることのなかった時代に、女子教育に力を注ぎ、女性解放運動に生涯を捧げた矢嶋楫子の生涯を、日本最高齢の女性映画監督・山田火砂子が描く渾身の一作。主演の楫子役には常盤貴子を迎え、原作となる三浦綾子の同名小説を完全映画化。

 

監督 山田火砂子
原作 三浦綾子『われ弱ければ 矢嶋楫子伝』(小学館)
出演 常盤貴子/石黒賢/渡辺いっけい/渡辺大/森三中/渡辺梓/星田英利/竹下景子/キャロリン愛子ホーランド/藤吉久美子/森岡龍/駒井蓮/小倉一郎/堀内正美/赤塚真人/栗原小巻(声の出演)
作品データ 2022年/日本/ビスタサイズ/110分
配給 株式会社 現代ぷろだくしょん

 

 

上映期間 2/12(土)~
上映時間 未定
当日料金 一般:1,800円/大学・高校:1,500円/シニア・障がい者:1,000円
特別鑑賞券 1,400円 2/11(金)まで販売 ※WEB予約ではご利用いただけません。
pagetop