いまはむかし 父・ジャワ・幻のフィルム

movie info

語られなかった声に、耳を澄ませてみたい。

父をいとおしむ気持ちを込めながら あの戦争の時代の「真実」を描くドキュメンタリーは可能だろうか

日本・インドネシア・オランダ─ 亡き父を想う旅で辿り着いた“戦争”の真実。

戦時中、日本はアジア各地を占領し植民地解放を謳った。記録映画編集者・伊勢長之助(1912~1973)は、「文化戦線」の一員としてインドネシアに渡り、大東亜共栄圏という名目でプロパガンダ映画を創った。

長之助の長男・伊勢真一(ドキュメンタリー映像作家)は、父たちがどんな思いで国策映画を手がけたのかを知るために、30年程前から取材を始める。父の足跡と父たちが創った“幻のフィルム”の行方を追う長い旅。 やがて、その旅に伊勢真一の長男・伊勢朋矢(ディレクター)、長女・伊勢佳世(俳優)も参加する。父から子へ、そして孫へ、時代の記憶が手渡されていく。

オランダで発見されたその国策映画は、およそ130本。日本未公開の貴重なフィルムである(『隣組』『東亜のよい子供』『防衛義勇軍』『ロームシャ』『マラリア撲滅』等)。

 

 

 

監督 伊勢真一
出演 伊勢長之助/伊勢真一/伊勢佳世/カディルマン/ロシハン・アンワール/ジャカルタの人々
作品データ 2021年/カラー/88分/DCP
配給 いせフィルム

 

上映期間 9/4(土)~9/24(金)
上映時間 10:00
当日料金 一般:1,800円/大学・高校:1,500円/シニア・障がい者:1,000円
備考 ★上映時間変更 9/18(土)~ 12:00
★『伊勢長之助関連特集上映』半券を受付で提示:1,300円でご鑑賞いただけます。
pagetop