蒲団

movie info

©2024BBB

日本の自然主義文学を代表する作家である田山花袋が1907年(明治40年)に発表し、日本文学史における私小説の出発点と言われている不朽の名作『蒲団』を原案にした長編映画。

竹中時雄(48)は脚本家を生業としているが、仕事への情熱を失い、妻のまどか(47)との関係も冷え切り、漠然と日々を過ごしていた。ある日、時雄の作品の大ファンで脚本家を志しているという横山芳美(21)が仕事部屋に押しかけ、弟子にしてくれてと懇願する。時雄は芳美の熱心さに根負けする形で師弟関係を結ぶ。一緒に仕事をするなかで芳美の物書きとしてのセンスを感じるとともに、彼女に対し、恋愛感情を覚えるようになる。芳美と同じ空間での共同作業を進めていくうち、納得がいく文章が書けるようになり、公私ともに充実感を得るようになる時雄。だが、そんな日々もつかの間、芳美の彼氏で同じく脚本家を目指しているという田中秀夫(20)が上京してくるというのだ。嫉妬心と焦燥感に駆られ、強く反対する時雄だったが…。

 

 

監督 山嵜晋平
原案 田山花袋「蒲団」
出演 斉藤陽一郎/秋谷百音/片岡礼子
作品データ 2024年/日本/95分/R15+
配給 BBB

 

 

 

上映期間 5/11(土)~
上映時間 20:20
当日料金 一般:1,800円/大学・高校:1,500円/シニア:1,200円/障がい者:1,000円
備考 【R15+】
pagetop